小規模事業者持続化補助金を
活用して
ホームページを
制作しませんか?

株式会社アビリブ 公式サイト イメージ

補助金を活用してのホームページ制作・補助金の申請についてのご相談ならお任せください。
アビリブなら申請のサポート・ホームページ制作・運用まで、トータルにサポート致します。
お気軽にお問い合せください。

一般型の場合、補助対象経費の2/3 最大50万円補助

低感染リスク型ビジネス枠の場合、補助対象経費の3/4 最大100万円補助

※その他詳しい概要はこちら

お問い合わせはこちら

※「小規模事業者持続化補助金」は「持続化給付金」とは異なり、ホームページ制作や広告費などにご活用いただける補助金です。

補助金を活用してのホームページ制作・補助金の申請についてのご相談ならお任せください。アビリブなら申請のサポート・ホームページ制作・運用まで、トータルにサポート致します。
お気軽にお問い合せください。

小規模事業者持続化補助金とは?

小規模事業者持続化補助金とは、小規模事業者が行う販路開拓や生産性向上
取組に要する経費の一部を支援する制度です。

- 対象の事業について

商工会議所の管轄地域内または商工会地区内で事業を営んでいる「小規模事業者」及び、一定の要件を満たした特定非営利活動法人。
※商工会議所・商工会会員、非会員を問わず、応募可能です。

小規模事業者の定義
業種 従業員数
商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く) 常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下

- 利用できる経費について

・Webサイト制作費(新規、リニューアル)・ECサイト構築費(新規、リニューアル)
・ネット広告費・パンフレット、チラシ、カタログ制作費・ダイレクトメール・看板・宣伝広告費(雑誌)

など、様々な経費が対象となります。
※申請内容に応じて対象経費が変わります。

制作風景 イメージ

- 補助金について

補助金は返済不要です。また、商工会・商工会議所の会員でなくても申請できます

一般型

上限額50万円補助率2/3

低感染リスク型ビジネス枠

上限額100万円補助率3/4

感染防止対策費は補助金総額の1/4以内(最大25万円)補助対象経費に計上可能

緊急事態宣言の再発令に伴なう特別措置 緊急事態宣言の再発令による特別措置を適用する事業者(2021年1~3月のいずれかの月の月間事業収入が2019年又は2020年の同月と比較して30%以上減少した事業者)は政策加点の他、補助金総額の1/2以内(最大50万円)に上限を引き上げ。

補助額及び特別措置などについて詳しくは、お問い合わせください。

- 申請期間

現在、<一般型>は第6回、<低感染リスク型ビジネス枠>は第2回の受付が可能です。

交付申請期間
<一般型>
■第6回受付締切:
2021年10月1日(金)現在受付中
<低感染リスク型ビジネス枠>
■第3回受付締切:
2021年9月8日(水)現在受付中
オフィス イメージ
事業実施期間
<一般型>
■第6回:交付決定日から
2022年7月31日(日)まで
<低感染リスク型ビジネス枠>
■第3回:交付決定日から
2022年6月30日(木)まで
オフィス イメージ
完了報告期間
<一般型>
■第5回補助事業実績報告書提出期限:
2022年8月10日(水)
<低感染リスク型ビジネス枠>
■第3回補助事業実績報告書提出期限:
2022年7月10日(日)
オフィス イメージ
申請日程について
小規模事業者持続化補助金
【一般型】
受付回数 受付締切期限
第5回 2021年 6月4日(金)受付終了
第6回 2021年10月1日(金)受付中
第7回 2022年 2月4日(金)
第8回 2022年 6月 初旬頃
第9回 2022年10月 初旬頃
第10回 2023年 2月 初旬頃【最終】
小規模事業者持続化補助金
【低感染リスク型ビジネス枠】
受付回数 受付締切期限
第1回 2021年 5月12日(水) 受付終了
第2回 2021年 7月 7日(水) 受付終了
第3回 2021年 9月 8日(水) 受付中
第4回 2021年11月10日(水)
第5回 2022年 1月12日(水)
第6回 2022年 3月 9日(水)

ご活用事例

すでに多くの業種のお客様からお問い合せをいただいております。

建設業・製造業・情報通信業・運輸業・卸売業・小売業・不動産業・物品 賃貸業・専門・技術サービス業・宿泊業・飲食 サービス業・生活関連サービス業・娯楽業・医療・福祉・サービス業など様々な業種でご活用されている制度です。

補助額は、
<一般型>最大50万円(補助率2/3)
<低感染リスク型ビジネス枠>
最大100万円(補助率3/4)

※一般型、低感染リスク型ビジネス枠ともに、補助額上限が引き上げになるケースがあります。詳しくはお問い合わせください。

ご予算160万円でHPを制作する場合
<一般型>
補助金適応額 50万円
ご負担費用 110万円
制作内容例 WEB制作(新規・リニューアル)EC機能・CMS機能・お問い合せ機能・撮影費用
制作例 イメージ
ご予算120万円でHP制作・
WEB広告をする場合
<一般型>
補助金適応額 50万円
ご負担費用 70万円
制作内容例 ランディングページ制作、インターネット広告への出稿
制作例 イメージ
ご予算160万円
ECサイトを制作する場合
<低感染リスク型ビジネス枠>
補助金適応額 100万円
ご負担費用 60万円
制作内容例 ECサイト(ショッピングサイト利用)、撮影費用
制作例 イメージ

※上記は利用例です。実際の制作費用は制作内容・作業工数などにより変わります

アビリブが選ばれる理由

創業21年、制作実績5,000件以上、取引企業2,400社以上!

長い歴史と豊富な実績があるアビリブならではの総合力で中小企業をトータルにサポートいたします。
新規Webサイトの制作・Webマーケティングの戦略立案から改善提案、中小企業のWebに関わる悩みや課題を御社に寄り添ったオーダーメイドなご提案で解決いたします。

アビリブ公式サイト

アビリブ イメージ

創業21年、制作実績5,000件以上
アビリブが最適なご提案をいたします。

全国の旅館・ホテル様をはじめ、中小企業様・観光組合様・大規模ホテルチェーン様など、
様々な業種のWebサイトを制作させていただき、Web集客を成功に導いてきました。
その経験をもとに、Web集客に強く・時代に合わせた最新のWebサイトをご提案いたします。

アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ

アビリブ 制作実績を見る

申請から給付までの流れ

1.お申し込み・お問い合せ
まずは、下記お申し込みフォームか、お電話にてアビリブまでお気軽にご相談ください。お打ち合わせをZOOMでご希望の方はお問い合せフォームより「ZOOMで商談希望」を選び、お問い合せ内容(日時を含む)をご記入いただき、弊社までお問い合せください。その後、担当者よりご連絡いたします。
2.担当者よりお客様へZOOMの招待メールを送ります。(ZOOMをご希望の場合)
ご希望の商談日時の前日にZOOMの招待メールを担当者よりお客様へ送ります。アカウントがあるとスムーズに商談が始められますが、アカウントがない場合でも大丈夫です。
3.ご希望のスケジュールを元にZOOMで商談開始。(お電話をご希望の場合はお電話いたします)
商談当日になりましたら10分前には担当者が準備をしています。招待メールのURLよりZOOMへアクセスしていただき、ミーティングへ参加してください。補助金支援サービスの説明、ご要望や課題をヒアリングさせて頂き、サイトの構成やWeb戦略、実施計画のご提案とお見積りをご提示させていただきます。
4.申請書類の作成・申請(書類作成のサポートを行います)
実行計画に沿って申請書類の作成を行います。実際の書類作成はお客様自身で行っていただく必要がございますが、できる限りアビリブでもサポートさせていただきます。
書類が完成いたしましたら、締め切りに間に合うように申請をお願いいたします。

補助金の審査は、通常1.5ヶ月程度で採択者の発表があります。

※申請に不備があった場合は、電話、郵送などで連絡が入ります。

5.採択の通知後、補助事業(Webサイト制作など)の実施
審査の結果、採択された場合は、決定した補助金額が記載された交付決定通知が送付されます。受け取り後、申請書に記載した計画をもとに、アビリブにて制作します。
※制作完了後、実績報告書を作成し、補助金事務局に提出します。取り組み内容と経費支出の適正性の確認ができたら、補助金の振り込み手続きが行われます。

よくあるご質問

Q.「一般型」と「低感染リスク型ビジネス枠」は何が違うのですか?
A.「低感染リスク型ビジネス枠」は、新型コロナウイルス感染症 感染防止と事業継続を両立させるための対人接触機会の減少に資する 前向きな投資を行い、ポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等の取組を 支援するため、それに要する経費の一部を補助 する補助金です。
Q.電子申請はつかえますか?
A.申請方法は、「一般型」は郵送または電子申請により申請しますが、「低感染リスク型ビジネス枠」は電子申請のみでの申請となります。
電子申請は補助金申請システム(名称:Jグランツ)を利用します。
Jグランツを利用するには「GビズIDプライムアカウント」の取得が必要ですが、取得に3~4週間程度要します(2021年3月末時点)ので、お早めに利用登録を行ってください。なお、「低感染リスク型ビジネス枠」の応募申請を行う事業者に限っては、早期の発行が可能な「暫定GビズIDプライムアカウント」での申請が可能です。
Q.地元の商工会議所(商工会)の会員ではないですが申請可能ですか?
A.商工会議所(商工会)の会員でなくても申請は可能です。
Q.着手金は必要ですか?
A.着手金は必要ございません。
Q.補助金が採択されなかった場合は、どのように対応いただけるのでしょうか?
A.御社のご希望にできるだけ添えるように、他に活用できそうな補助金をご提案させていただきます。
※申請の時期によりご希望に添えない場合もございます。ご了承ください。

お申し込み・お問い合せ

お電話からも承ります Tel.052-262-8041

電話受付時間 9:00~18:00 ※土日祝日除く(株式会社アビリブ 名古屋本社 担当:作石)

その他、
Webに関するお困りごとは
ございませんか?