IT導入補助金2021
2次交付申請受付中!
730日(金)申請締切。

株式会社アビリブ 公式サイト イメージ

IT導入補助金は中小企業・小規模事業者等の方が自社の課題やニーズに合ったITツールを、
導入する経費の一部を国が補助することで、業務効率化・売上アップをサポートする制度です。
今年もアビリブはIT導入支援事業者として採択されました。
申請のサポート・ITツールの導入・運用まで、トータルにサポートいたします。
お気軽にお問い合せください。

ITツールを導入すると補助対象経費の2/3 最大300万円未満補助

※C-1類型の場合
※その他詳しい概要はこちら

お問い合わせはこちら

※ECサイト制作はC類型での補助金申請となります。

IT導入補助金は中小企業・小規模事業者等の方が自社の課題やニーズに合ったITツールを、導入する経費の一部を国が補助することで、
業務効率化・売上アップをサポートする制度です。 今年もアビリブはIT導入支援事業者として採択されました。 申請のサポート・ITツールの導入・運用まで、トータルにサポートいたします。お気軽にお問い合せください。

IT導入補助金とは?

中小企業・小規模事業者のみなさまがITツール導入に活用いただける補助金です。
令和2年度第3次補正からはこれまでの通常枠(A・B類型)に加え、
低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)も追加されました。

- 対象の事業について

中小企業(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)・小規模事業者等。
※業種によって「中小企業・小規模事業者等」の定義が変わります。詳細はお問い合わせください

補助対象者 業種と人数の一覧
中小企業等の定義(抜粋)
業種分類 人数
製造業、建設業、運輸業 資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人事業主
卸売業 資本金の額又は出資の総額が1億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人事業主
サービス業(ソフトウェア業又は情報処理サービス業、旅館業を除く) 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人事業主
小売業 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人事業主
ソフトウェア業又は情報処理サービス業 資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人事業主
旅館業 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が200人以下の会社及び個人事業主
小規模事業者の定義
業種分類 人数
商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く) 常時使用する従業員の数が5人以下の会社及び個人事業主
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数が20人以下の会社及び個人事業主
製造業その他 常時使用する従業員の数が20人以下の会社及び個人事業主

- 利用できる経費について

  • ソフトウェア購入費用及び導入するソフトウェアの利用に必要不可欠なハードウェアのレンタル費用と関連するオプション・役務の費用。
  • 複数のプロセス間で情報連携し複数プロセスの非対面化や業務の更なる効率化を可能とするITツールであることが必要です。

制作風景 イメージ

- 補助金について

補助金は返済不要です。

通常枠 A類型

上限額150万円未満 / 補助率1/2

通常枠 B類型

上限額450万円 / 補助率1/2

特別枠 C-1類型

上限額300万円未満 / 補助率2/3

特別枠 C-2類型

上限額450万円 / 補助率2/3

特別枠 D類型

上限額150万円 / 補助率2/3

交付申請以前の補助対象事業の実施でも特例として認められます。

遡及(さかのぼり)申請 C・D類型については、遡及(さかのぼり)申請可能期間中に補助対象事業を実施するケースも、特例として認められます。
2021年1月8日以降に実施された事業で、当該ITツールとそれを提供するIT導入支援事業者が
事務局に登録されたケースが補助対象事業となります。

遡及(さかのぼり)申請について詳しくは、お問い合わせください。

- 申請期間

交付申請期間
■ 1次受付締切:2021年5月14日(金)受付終了 ■ 2次受付締切:2021年7月30日(金)現在受付中 ■ 3次受付締切:2021年9月中(予定)
オフィス イメージ
事業実施期間
■ 交付決定日:2021年8月31日(火)(予定)
■ 交付決定日以降~終了時期は後日案内予定
オフィス イメージ
事業実績報告期間
後日案内予定
オフィス イメージ

ご活用事例

すでに多くの業種のお客様からお問い合せをいただいております。

製造業、建設業、運輸業、卸売業、サービス業、小売業、ゴム製品製造業、ソフトウェア行又は情報処理サービス業、旅館業、医療法人、社会福祉法人、学校法人など、様々な業種でご活用されている制度です。

補助額は、
<C-1類型>最大300万円未満(補助率2/3)

C類型
IT導入支援事業者が提供し、あらかじめ事務局に登録されたITツールの内、業務の非対面化を前提とし異なるプロセス間での情報共有や連携を行うことで補助事業者の労働生産性の向上に寄与するもので、連携型ソフトウェアとして事務局に登録されたITツールを導入する際に選択する類型。詳しくはお問い合わせください。

ご予算90万円
ECサイトを制作する場合
補助金適応額 60万円
ご負担費用 30万円
制作内容例 ECサイト
(ECサイト制作費、運用費)
制作例 イメージ
ご予算120万円
ECサイトを制作する場合
補助金適応額 80万円
ご負担費用 40万円
制作内容例 ECサイト
(ECサイト制作費、運用費)
制作例 イメージ
ご予算180万円
ECサイトを制作する場合
補助金適応額 120万円
ご負担費用 60万円
制作内容例 ECサイト
(ECサイト制作費、撮影費、運用費)
制作例 イメージ

※上記は利用例です。実際の制作費用は制作内容・作業工数などにより変わります

アビリブが選ばれる理由

創業21年、制作実績5,000件以上、取引企業2,400社以上!

長い歴史と豊富な実績があるアビリブならではの総合力で中小企業をトータルにサポートいたします。
新規Webサイトの制作・Webマーケティングの戦略立案から改善提案、中小企業のWebに関わる悩みや課題を御社に寄り添ったオーダーメイドなご提案で解決いたします。

アビリブ公式サイト

アビリブ イメージ

創業21年、制作実績5,000件以上
アビリブが最適なご提案をいたします。

全国の旅館・ホテル様をはじめ、中小企業様・観光組合様・大規模ホテルチェーン様など、
様々な業種のWebサイトを制作させていただき、Web集客を成功に導いてきました。
その経験をもとに、Web集客に強く・時代に合わせた最新のWebサイト、ECサイトなどをご提案いたします。

アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ
アビリブ制作実績 イメージ

アビリブ 制作実績を見る

申請から給付までの流れ

1.お申し込み・お問い合せ
まずは、下記お申し込みフォームか、お電話にてアビリブまでお気軽にご相談ください。お打ち合わせをZOOMでご希望の方はお問い合せフォームより「ZOOMで商談希望」を選び、お問い合せ内容(日時を含む)をご記入いただき、弊社までお問い合せください。その後、担当者よりご連絡いたします。
2.担当者よりお客様へZOOMの招待メールを送ります。(ZOOMをご希望の場合)
ご希望の商談日時の前日にZOOMの招待メールを担当者よりお客様へ送ります。アカウントがあるとスムーズに商談が始められますが、アカウントがない場合でも大丈夫です。
3.ご希望のスケジュールを元にZOOMで商談開始。(お電話をご希望の場合はお電話いたします)
商談当日になりましたら10分前には担当者が準備をしています。招待メールのURLよりZOOMへアクセスしていただき、ミーティングへ参加してください。補助金支援サービスの説明、ご要望や課題をヒアリングさせて頂き、サイトの構成やWeb戦略、実施計画のご提案とお見積りをご提示させていただきます。
4.申請書類の作成・申請(書類作成のサポートを行います)
実行計画に沿って申請書類の作成を行います。実際の書類作成はお客様自身で行っていただく必要がございますが、できる限りアビリブでもサポートさせていただきます。
書類が完成いたしましたら、締め切りに間に合うように申請をお願いいたします。

補助金の審査は、通常1.0 〜 1.5ヶ月程度で採択者の発表があります。

※申請に不備があった場合は、電話、郵送などで連絡が入ります。

5.採択の通知後、補助事業(ECサイト制作など)の実施
審査の結果、採択された場合は、決定した補助金額が記載された交付決定通知が送付されます。受け取り後、申請書に記載した計画をもとに、アビリブにて制作します。
※制作完了後、実績報告書を作成し、補助金事務局に提出します。取り組み内容と経費支出の適正性の確認ができたら、補助金の振り込み手続きが行われます。

よくあるご質問

Q.IT補助金2020との違いは何ですか?
A..IT補助金2021では、あらたにD類型(ソフトウェア購入費用及び導入するソフトウェアの利用に必要不可欠なハードウェアのレンタル費用と関連するオプション、役務の費用)が追加されました。また、遡及(さかのぼり)申請が認められるようになり、2021年1月8日以降から交付決定前までの期間に、ITツール導入についての契約を実施し、その後、補助事業者による交付申請までの間に当該ITツールとそれを提供するIT導入支援事業者が事務局に登録されたケースが対象となります。
Q.アビリブの制作実績は?
A.制作実績累計 5,000件以上、取引企業累計 2,400社以上の創業21年目のIT企業です。WEB構築を軸とした事業展開を行っております。
詳しくはこちらから制作実績をご覧ください。
Q.導入するITツールは自由に選択できますか?
A.あらかじめIT導入支援事業者が事務局に登録し、認定を受けたITツールに限ります。
Q.着手金は必要ですか?
A.着手金は必要ございません。
Q.補助金が採択されなかった場合は、どのように対応いただけるのでしょうか?
A.御社のご希望にできるだけ添えるように、他に活用できそうな補助金をご提案させていただきます。
※申請の時期によりご希望に添えない場合もございます。ご了承ください。

お申し込み・お問い合せ

お電話からも承ります Tel.052-262-8041

電話受付時間 9:00~18:00 ※土日祝日除く(株式会社アビリブ 名古屋本社 担当:作石)

その他、
Webに関するお困りごとは
ございませんか?