ABILABO アビラボ

InternetExplorer11はいつまでサポートするべき?

2020.09.30 CATEGORY:フロントエンド

初めまして、フロントエンド研究室の小川と申します。
御社のWebサイトを見直す際、本件お悩みになることはないでしょうか?

結論から申し上げますと、
制作するWebサイトのターゲット・目的によっては対象外にするのも検討すべきです。

以下、
私なりに理由を上げたいと思います。
 

InternetExplorer11のシェアについて

まずは、
日本国内でのシェア率(デスクトップPCのみのシェア率)と世界でのシェア率をみてみると…

日本 約11%

世界全体 約4%

日本 約11% 世界全体 約4%
次にスマートフォン・タブレットを含めたシェア率をみてみましょう。

日本 約6%

世界全体 約2%

日本 約6% 世界全体 約2%
どちらも日本国内でのシェアの方が高い傾向にあります。

​なぜ日本国内のシェア率が高いのか、 私なりに理由をいくつか考えてみると、


1.PCのOSであるWindows(8.1以前)の標準ブラウザのため、そのまま利用している(わざわざ他のブラウザをインストールするのは面倒)
2.昔から利用してるブラウザなので、好んで利用している
3.InternetExplorer以外のブラウザを知らない
4.そもそもブラウザを意識したことがない。知らない。

などの理由ではないでしょうか?
上記のデータから考えられるのは、

InternetExplorer11をサポートした方が良いサイト

デスクトップPCを重視且つ
国内のユーザー向けのWEBサイト
に関しては、
InternetExplorer11の機能制限を受け入れてでもサポートした方が良いでしょう。

InternetExplorer11を対象外にしても良いサイト

スマートフォンやタブレットを含めた、
各種デバイスを重視するWEBサイト
に関しては、
InternetExplorer11は対象外とし、
InternetExplorer11ユーザーに関しては、
別途他の新しいブラウザをインストールする旨の案内ページを出す

という構成にしても問題ないかと思います。

IEの機能制限について

2020年10月現在InternetExplorer11をサポート対象外とする有名なWebサイトは以下の通りです。
・Twitter
・Instagram
・GoogleFonts(WEBフォントサービス)
・Youtube

ここに
・Microsoft 365(2021年8月17日終了)
※Microsoft 365が使えなくなるわけではないが、機能制限がかかるようです
が加わりました。

マイクロソフト自らのサービスでも、サポート対象外とするほど、
InternetExplorer11の機能制限の影響は大きいと考えられます

InternetExplorer11を対象外にした場合にできること

アビリブ社内でもまだまだ研究中ですが、
新たなCSS・JSの機能を利用することによる、WebサイトのUXの向上
新たな画像・動画ファイル規格に対応することによって、
ファイル容量を削減して、Webサイトの読み込み速度の向上
などが考えられます。

本記事に関して、
何かご質問などございましたら、お気軽にお問合せください

  • facebook
  • twitter
  • line
  • b.hatena
  • getpocket
ホームぺージを使って売上を最大化しませんか?

弊社はこれまでに宿泊観光業をメインに、WEBサイトを作成してお客様の問題解決を行ってまいりました。そして、様々なサービスを展開してきました。
どのようなお悩みでも構いません。ぜひ一度お問い合わせください。

  • 創業

    22

  • 制作実績累計

    5,000件以上